中谷日出 木曜新美術館

  • 1



アバター解説委員hideによる、新芸術解説番組。「THE アーチスト」と「にっぽんスゴッ研究所」というふたつのコーナーを中心にお届けしていきます。音量を調節してお楽しみください。
THEアーチストのコーナーでは、コンピュータと文化の関係性「カルチュラルコンピューティング」の研究でも知られるアーティスト・土佐尚子さんを、にっぽんスゴッ研究所のコーナーでは、ロボット義足や途上国向けの義足の研究で世界から注目されるイノベーター・遠藤謙さんをご紹介します。






[Art:073]土佐尚子

音が作り出す一瞬の造形美「サウンド オブ 生け花」







[Lab:042a]ソニーCSL 遠藤 謙

ふたつの義足で世界を変える! 注目のイノベーター

  • 1
2013/10/17 更新



Art:073
土佐尚子(とさ・なおこ)

芸術家。京都大学教授 1985年に作った作品がニューヨーク近代美術館のコレクションになり注目を受ける。2012年韓国の麗水海洋万博委員会からコミッション作品を依頼される。250mx30mの巨大LEDスクリーン(EXPOデジタルギャラリー)で、アジ アをひとつにつなぐシンボル「四神旗」を制作し、表彰された。作風は、アートとテクノロジーを融合し、伝統と新技術をつなぐ新しい日本文化を表現している。「サウンドオブ生け花」は、10月12日-2014年1月13日まで、シンガポールマリナベイサンズのアートサイエンスミュージムで展示されている。
「サウンドオブ生け花」展覧会情報
作品:naokotosa.com
研究:http://www.tosa.media.kyoto-u.ac.jp/index.j.html

「サウンド オブ 生け花」は、各種の流体(絵の具、オイルなど)が音の振動により飛び跳ねて、あたかも生け花のような一期一会の造形美を、高速度カメラで1秒を2000倍の時間に引き延ばして撮影された作品である。
音楽:近藤等則






Lab:042
遠藤 謙(えんどう・けん)

2001年慶應義塾大学機械工学科卒業。2003年同大学大学院にて修士課程修了。2005年より、マサチューセッツ工科大学メディアラボバイオメカニクスグループにて博士課程の学生として、人間の身体能力の解析や下腿義足の開発に従事。2012年博士取得。一方、マサチューセッツ工科大学D-labにて講師を勤め、途上国向けの義肢装具に関する講義を担当。現在、ソニーコンピュータサイエンス研究所アソシエイトリサーチャー。ロボット技術を用いた身体能力の拡張に関する研究に携わる。また、途上国向けものづくりビジネスのワークショップやコンテストを主催するSee-Dの代表も務める。2012年、MITが出版する科学雑誌Technology Reviewが選ぶ35才以下のイノベータ35人(TR35)に選出される。

http://www.sonycsl.co.jp/
http://see-d.jp/

著者近影


[館長]
中谷日出(なかや・ひで)

神奈川県出身。東京芸術大学大学院美術研究科修了。現在NHK解説委員(芸術、IT担当)。NHKのロゴマークをデザインしたほか、長野オリンピック国際発信公式映像監督、ドラマ「DREAM TV 201X」監督などを務める。グッドデザイン賞(Gマーク)選定委員。著書に『新しい美術はじめましょ。』など。


[館員]
美術部

・色部義昭、森定のぞみ
 (日本デザインセンター 色部デザイン研究室)

音楽部
・松本祐一

技術部
・井上誠喜、道家守
 浜口斉周、金子浩之
 (NHK放送技術研究所)


・佐藤薫生、佐々木あゆみ
 (株式会社ビッグタウンズ)


・勝浦康平
 (映像班)


※マトグロッソTVは、NHK放送技術研究所で開発された「TVML」技術をCG生成エンジンとして製作しています。「TVML」とは、台本を書くだけで“テレビ番組”が作れる画期的なソフトで、NHK放送技術研究所のサイトで無料でダウンロードすることができます。
http://www.nhk.or.jp/strl/tvml/index.html





著者一覧

  • *リズムシさんのジッケンムシ 今までのまとめ成瀬つばさ リズムシさんのジッケンムシ
  • [マトグロッソTV] #74  星野勝之 ソニーCSL 遠藤 謙中谷日出 木曜新美術館
  • #147 大きくなっても背中好き。松原卓二 動物ω写真家の毎日@富士山麓
  • #366 ナスカイポートレイト_31(最終回)ハジメテンのHi! School!
  • [スペシャルゲスト vol.1 ] 森山朋絵 3木曜新美術館 マトグロッソTV スペシャル
  • comingsoon