成瀬つばさ リズムシさんのジッケンムシ

  • 1



#079





いよいよ近日、リズムシシリーズ最新作「日本茶ムシ」を配信開始します。





日本に関する音で遊びつつ、日本茶について学べるアプリ! となっています。
今週はこのアプリをつくるきっかけについて、振り返っていきます。



・日本茶はむずかしい!

以前から、コーヒーや紅茶は好きでよく飲んでいて、ばっちりこだわっていましたが、
日本茶にはなかなか縁がありませんでした。

良質のお茶の葉を使い、きちんと器を温めて、沸騰直後のお湯を使い、時間をきっちり計れば紅茶はおいしく淹れられます。それに対して煎茶や玉露は、温度や時間の調整が難しく、なかなか正解の味が分からなくて苦手意識を持っていたのです。

ある時、日本茶専門店で上質なお茶をちゃんとした淹れ方で飲むという機会があり、そのおいしさに衝撃を受けました!
1煎目、2煎目、3煎目と劇的に味が変化していくその様は、イベント的でもあり、時間芸術のようでした。

こんなお茶を自分でも淹れられるようになりたい、もっと日本茶について詳しくなりたいと思い、専門的な勉強をはじめることにしました。



・勉強方法としてのアプリづくり

昔から勉強は大好きです。どうせ学ぶのなら徹底的に。
「日本茶検定」という検定の存在を知り、その合格を目標に勉強を始めました。

試験や受験対策の勉強法として、自分でちょっとした出題プログラムのようなものをつくることがあります。
なんといっても「自分で問題をつくる」ことは強力な勉強法です。根本的な理解をしていないと難しいことだからです。
せっかくだから、勉強を進めながらも、勉強できるアプリをつくってしまおう! と思って「日本茶ムシ」の企画を始めました。

知らない分野を独学で勉強するときにネックとなるのが専門用語の読み方とそのアクセント。耳で聞いて学ばないと、間違えたまま覚えてしまうこともあります。
お茶に関する用語、萎凋、揉捻、蒸熱、殺青、覆い香、釜香
お茶の種類、奥久慈茶、彼杵茶
こういうものを、ルビなしで自信を持って読めるでしょうか。

大観茶論(だいかんちゃろん)
回し注ぎ(まわしそそぎ ではなく、まわしつぎ)
大福茶(だいふくちゃ ではなく、おおぶくちゃ)
など、一見読めそうだけれど、間違えやすい用語もあります。

アプリは書籍と違って音が出せるので、そういう面をカバーできるのではないかと思いました。

最終的には容量の都合などもあって、あまり難しい専門用語や出題機能は盛り込まず、日本茶の基本的な部分を紹介するようなものになりましたが、ボタンを押すといくつかの単語を再生できる機能は残っています。
日本茶ボイスで遊びながら学んでもらえたらうれしいです!

ちなみに7月頃、無事に日本茶検定1級合格も果たしました。





お茶摘み体験もしたよ! 手摘みしたお茶の葉は自家製茶しておいしくいただきました。



・ウグイスの鳴き声から日本の自然に魅せられる

今回は日本のイメージのアプリということで、
「ホーホケキョ!」というウグイスの鳴き声を効果音として使いたいな、と考えました。

マイクを持って出かけたものの、鳥に関する知識はゼロ。
ウグイスは何時にどこにいるのかぜんぜん分からない。あちこち出かけても、どこにもいない!
やっと見つけたと思っても、雑音が多すぎて効果音として使えるようなレベルのものではありませんでした。

なんとか情報をかき集めて、静かな環境の中、間近でウグイスのさえずりを録音できた時には感動しました。
それと同時に日本に、騒音の少ない時間、場所が、本当に少ないことにも気がつきました。

その頃から、色んな場所へ出かけて「日本の音」を集め始めるようになりました。





「音の探検隊」と称していろんな場所を探検!
その一部はこのマトグロッソにもレポートを掲載しました。

・第1回 山梨県大月
・第2回 あきる野・檜原エリア
・第3回 青梅周辺
・番外編 花火の音
・第4回 城ヶ島
・第5回 鎌倉 七里ヶ浜
・第6回 玉川上水 前編
・第7回 玉川上水 後編
・第8回 川越流鏑馬

いろんな季節、いろんな場所に出かけて録音した、たくさんの野鳥や生き物などの音が「日本茶ムシ」に収録されています。
お楽しみに!



・水彩筆の導入

これまで鉛筆を使い続けてきたリズムシシリーズですが、ちょっと新しい表現として今回、水彩筆を導入しました。





「日本茶ムシ」イラストは全部水彩筆で描いています。
いままでとはちょっとだけ違うリズムシさんをお楽しみに!



・「日本茶ムシ」のコンセプト

もともと楽器が好きな人は、きっかけがなくともどんどん色んな方法で演奏を楽しんでいます。そういう機会がなかなかない方が「音で遊ぶ楽しさ」に目覚めるきっかけとなるようなものができたらいいなと思い、無料のアプリという形でつくり続けていたのが、今までのリズムシシリーズ。

日本茶ムシはある意味その日本茶版。
もともとお茶好きの方たちは、何もなくともどんどん自分で色んなお茶を買っていきます。
そうじゃなかった方たちに、「音」をきっかけに日本茶に興味を持ってもらえたらいいなと思っています!


次回は「日本茶ムシができるまで!! 後編」。
「お茶を学ぶと日本文化の歴史が見えてくる」がテーマです。







※本コンテンツはPC専用です。動作環境によっては正常に動かない場合があります。
音を楽しむ作品ですので音量を調整してお楽しみください。
  • 1
2013/12/05 更新




成瀬つばさ
(なるせ・つばさ)

国立音楽大学にてコンピュータ音楽を研究しながら、ジャズピアニスト・キーボーディストとしても活動。卒業後は多摩美術大学大学院に進み、サウンド&メディアアートの研究・創作を行う。代表作であるiOSアプリ「リズムシシリーズ」は、平成23年度文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞ほか多数受賞、ダウンロード数は総計370万を超えている。






『リズムシシリーズ ボイス付きマスコット』
おなかを押すとサウンドが鳴る! 可愛いリズムシストラップです。






リズムシiPhone4/4Sカバー
リズムシの世界観そのままに、手描きのイラストが可愛いカスタムカバーになりました。※ iPhone 4/4S専用です。




この連載がアプリになったよ!
リズムシシリーズ「ジッケンムシ」 第一弾リリース!!

iPhone、iPadユーザーの皆さん、お待たせしました! この連載をまとめたアプリ第一弾がリリースされました。今後も連載に合わせてぞくぞくリリースしていく予定なので、お楽しみに!
app storeへ

著者一覧

  • *リズムシさんのジッケンムシ 今までのまとめ成瀬つばさ リズムシさんのジッケンムシ
  • [マトグロッソTV] #74  星野勝之 ソニーCSL 遠藤 謙中谷日出 木曜新美術館
  • #147 大きくなっても背中好き。松原卓二 動物ω写真家の毎日@富士山麓
  • #366 ナスカイポートレイト_31(最終回)ハジメテンのHi! School!
  • [スペシャルゲスト vol.1 ] 森山朋絵 3木曜新美術館 マトグロッソTV スペシャル
  • comingsoon